WHILL HISTORY

1
100m先のコンビニに行くのを
あきらめる」(2009-2011年)
2009
2011
WHILL Prototype
1
「100m先のコンビニに行くのをあきらめる」(2009-2011年) WHILLの始まりは2009年秋にさかのぼります。ソニーで車載カメラの開発部門にいた内藤と、オリンパスで医療機器の研究部門にいた福岡(ともに名古屋大学大学院の同級生)が中心となって、数名でエンジニア集団「Sunny Side Garage」(SSG)を設立。社会の課題をテクノロジーで解決することを目指す若者たちの集まりでした。そこに元日産自動車のデザイナーで、デザイン会社を立ち上げながら世界を放浪していた杉江も加わり、デザインとエンジニアリングの力で「風の可視化アート」や「蛍がきれいに見えるライト」などの開発を行っていました。
そんな中、2010年にメンバーが出会ったある一人の車椅子ユーザーの声が、彼らを大きく動かすことになります。

「100m先のコンビニに行くのをあきらめる」

メンバーが出会ったその車椅子ユーザーの方は、行動力があり社交的な人でした。しかし、車椅子に乗っていることで、自分がどういう人間かに関わらず、「障害があり、助けが必要な人」という視線で見られてしまうこと、それが外出を阻むと語ってくれました。
自動車やバイクなどの乗り物には、さまざまな種類があります。その中から自分が気に入った機能や、自分らしいデザインの製品を選ぶのが普通です。

しかし、電動車椅子という「乗り物」のバリエーションは限定的でした。ユーザーは、自分らしいと感じられ、積極的に乗りたいと思える製品を選べずにいました。なぜなら、一般的な電動車椅子は機能を優先しており、「自分らしさ」やデザイン性の優先度は高くなかったのです。結果として、そのデザインは数十年前からほとんど変わっていません。

車椅子ユーザーが直面する悪路、段差など物理的なハードル。そして、「車椅子に乗っている人」として周囲から見られる心理的なバリア。
デザインとテクノロジーの力があればそれが超えられる。そう考え、創業メンバーは、誰もが乗りたくなる、革新的な一人乗りの乗り物(パーソナルモビリティ)を自分たちで作ろうと決心したのです。

それは、「眼鏡」のイメージでした。
当初は目が悪い人のための福祉用具として作られた眼鏡ですが、今ではデザインが洗練され、バリエーションも増えて、ファッションアイテムとして目が悪くない人でも進んで利用するほどになっています。デザインの力が、製品カテゴリを福祉用具からファッションアイテムに変えたのです。
WHILLを車椅子としてではなく、「パーソナルモビリティ」として再定義したかったメンバーたちは、あえて福祉用具の展示会ではなく、東京モーターショーをお披露目の場としてゴールに設定。展示会までの数か月間、試作機を作っては壊しを繰り返し、なんとかコンセプトモデルを完成させました。
2
「ふざけるな」と叱責され、
起業を決意(2012年)
2012
2
「ふざけるな」と叱責され、起業を決意(2012年)  出展した東京モーターショーでは、今までにないパーソナルモビリティのデザインが大きく注目を集めました。展示会の成功に勇気を得て、メンバーは開発に弾みをつけます。そんな中、協力を要請するために会いに行ったのが、オーエックスエンジニアリングの創業者である、故・石井重行氏でした。自身も元ライダーながら、事故で車椅子を使うようになった石井氏はこう言いました。

「ふざけるな。夢を見させることがどんなに残酷かわかっているのか。」
コンセプトモデルだけを作り、製品化しないことは、このような製品を待ち望む車椅子ユーザーにとって残酷なこと。本気で作るつもりがないなら、今すぐやめろ、という強い叱責でした。 当時はまだ実用化、製品化までは考えていなかった杉江、内藤、福岡の3人はその言葉で、本気になり、起業を決意します。内藤と福岡は当時勤めていたそれぞれの会社を退社し、杉江と合流して、それぞれの貯金を資本金として出し合い、2012年5月にWHILL株式会社を設立しました。

杉江がCEO(最高経営責任者)、内藤がCDO(最高開発責任者)、福岡がCTO(最高技術責任者)に着任。町田の小さなアパートを拠点としてのスタートでした。
3
米国シリコンバレーに拠点を設立、資金調達に駆け回る日々(2013-2014年)
2013
2014
WHILL Prototype
3
米国シリコンバレーに拠点を設立、資金調達に駆け回る日々(2013-2014年) 創業者の3人が目指したのは、日本だけではなく世界のマーケットでした。なぜなら日本の電動車椅子の市場は非常に小さく、日本だけでの事業化は非常に難しいと感じていたからです。世界最大の市場は米国で、その規模は日本の数十倍。避けては通れないマーケットでした。創業者たちは、いずれ進出する国なら最初から打って出ようと考え、2013年4月にカリフォルニア州シリコンバレーに拠点を設立しました。また、スタートアップが集まるシリコンバレーという土地での、投資環境にも期待をしていました。
しかし、何のネットワークもない米国での資金調達は簡単ではありませんでした。知人のアパートに寝泊まりする、スタートアップ企業向けのコワーキングスペースのポップコーンを主な栄養源にするなど、生活費を切り詰めながら投資家訪問にはげみましたが、なかなか資金を出してくれる投資家は見つかりませんでした。度重なる試作で資金は少なくなる一方です。

そんな中、最初に出資を決定してくれたのが、アメリカの500 Startupsというベンチャーキャピタルでした。将来性と、チーム編成が評価されて初の資金調達が成功しました。しばらくして、日本の伊藤忠テクノロジーベンチャーズもWHILLへの出資を決定。その後も、日米のベンチャーキャピタルや個人投資家からの出資も合わせ、2013年から2014年にかけて、総額175万米ドル(約2億円)の調達に成功しました。これにより、初号機の開発、販売活動にめどがつきました。
4
最初の製品、WHILL Model Aを世に送り出す(2014-2017年)
2014
2017
WHILL Model A
4
最初の製品、WHILL Model Aを世に送り出す(2014-2017年) これまで製造や量産のノウハウがなかった創業メンバーにとっては、実際の製品を作るのも大きなハードルでした。試作にあたっては、高い製造技術を持つ日本の町工場の技術者の方々に設計図へのアドバイス、製造技術のコンサルティングをしてもらいながら、試作機をブラッシュアップさせていきました。

そしてついに最初の商品化モデルとして完成したのがWHILL Model Aでした。Aという言葉には、WHILLとしてのスタート、はじまりの意味が込められています。最初の製造は50台。東京郊外で借りていた工場で、そのころ10人ほどだったメンバーが総出で組み付けました。
その50台には予約が殺到し、発売と同時に完売しました。しかし、より多くのお客様に届けるためには、量産体制を整える必要がありました。そこで、世界有数の電動車椅子の生産地であり、かつ医療機器の製造に関する国際的な認証工場が多い台湾での製造の検討を始めます。しかし、多くの会社はWHILLが想定していた製造ロットでは少なすぎると、なかなか取り合ってくれませんでした。
何社にも掛け合い、ようやく製造を決めてくれたのが、Jochu Technologyという、板金などを製造していた会社でした。WHILLの目指すビジョンに共感したことに加え、今後のヘルスケア業界の成長への期待や、社長の娘さんが車椅子ユーザーであったことが決め手となりました。同社は製造を請け負うだけでなく、会社への投資も決断してくれました。

こうしてModel Aは、供給体制が徐々に整い始めました。販売実績だけではなく、高いデザイン性と新規性が評価され、2015年のグッドデザイン大賞も受賞。一方、米国では、米国向けモデルWHILL Model Mが米国食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)の認可を取得し、医療機器としての販売が始まりました。

お客様からは、「段差や溝などを気にせず、一人で外出できるようになった」「新しい乗り物を発見した感覚で、前向きに外出できるようになった」などのお言葉をいただいています。
5
普及価格帯モデル WHILL Model Cの発売(2017-2018年)
2017
2018
WHILL Model C
5
普及価格帯モデル WHILL Model Cの発売(2017-2018年) Model Aを購入されたお客様からは、多くの感謝の声とともに、「軽くしてほしい」、「車に簡単に積みたい」、「もっと安くしてほしい」など、多くの要望が寄せられました。 そのようなフィードバックを受けて、開発したのが普及価格帯モデルのWHILL Model Cです。
CにはCarry、Compact、Comfortableなどの意味がこめられ、Model Aのデザインと走行性をそのままに、価格をModel Aの半額以下の45万円まで引き下げ、工具不要の分解機能で車のトランクにも積めるようにしました。重量も約半分になりました。さらに、国内の電動車椅子としては初めて通信機能を持たせ、機体の状態の遠隔確認やロードサービス、保険を組み合わせたサポートサービスもお客様に提供できるようになりました。

他企業からの協力も多くいただきました。Model Aの製造に取り組んでいた頃は、製造ロットの少なさやベンチャー企業であることなどから、部品の供給先を探すのも苦労しました。しかし、Model Aの発売後、WHILLの理念に共感した歴史のある大企業から、共同開発や部品提供の提案をいただくようになり、モーターは日本電産株式会社と、リチウムイオン電池はパナソニック株式会社と共同で開発。また、日本精工株式会社は軸受(ベアリング)の提供のほか、WHILLへの投資もしています。

Model Cの発表後は、取り扱い代理店も全国に大きく広がりました。福祉用具の卸・貸与事業者に加え、「パリミキ」「メガネの三城」を展開して眼鏡や補聴器を取り扱う株式会社三城や、メルセデス・ベンツなど輸入車を取り扱う株式会社ヤナセなどもWHILLを販売しています。株式会社三城は、眼鏡や補聴器と同じように「お客様のお困りごと」を解決する製品の一つとして、株式会社ヤナセは、免許返納された方など「車は好きだけど、高齢なので自分では運転しなくなった」といったシニア層のお客様との関係を継続するアイテムとして、WHILLを取り扱っています。
6
いつか「WHILLがインフラになる」世界に(2018年-)
2018
~
6
いつか「WHILLがインフラになる」世界に(2018年-) WHILLのミッション、それは「すべての人の移動を楽しくスマートにする」こと。
その実現のために、これまでパーソナルモビリティであるModel AとModel Cという商品を世の中に送り出してきました。しかし、二つの製品の完成だけでは、このビジョンの達成はできないとWHILLは考えています。

今後、高齢化と長寿命化に伴い、長い距離が歩くことが困難な方は飛躍的に増えることが予想されます。そんな方が自分らしくスマートに移動できるサービス・システムができ、それをインフラのように当たり前に使うことができれば、もっと多くの人の移動が楽しくスマートになるのではないか。

例えば空港や駅や観光地などの広い場所で、歩行者をWHILLが迎えに来てくれ、乗り終わったら自動で元いた場所に戻ってくれる。それが、WHILLのイメージする少し先の未来の移動の姿です。
そして、WHILLのようなモビリティがもっと街中を走るようになれば、それはまちづくりやインフラにもポジティブな影響を及ぼすのではないかと考えています。
実際に、現在世界中の空港や商業施設から、WHILLを設備として導入したいという要望をいただいています。広い施設内では、人にぶつからずに安全に走行できることや、車椅子の介助・回収する人手を減らすことなど、さまざまな条件が求められます。そのため、WHILLは現在、これまでの車椅子にはなかった機能の研究も行っています。

WHILLをインフラとして走らせる、その事業をWHILLは「インフラモビリティ事業」と呼び、パーソナルモビリティを開発・製造する「パーソナルモビリティ事業」と並ぶ事業の柱として位置付けているのです。

WHILLがインフラになる世界。
それが、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」ということだと、
WHILLは信じています。
WHILL 年表
2012 年 5 月 WHILL株式会社設立
2013 年 4 月 米国カリフォルニア州に米国拠点を設立
2013-2014 年 第三者割当増資により175万米ドル(約2億円)を調達
2014 年 9 月 WHILL Model A発表
2014 年 9 月 第三者割当増資により1100万米ドル(約12億円)を調達
2014 年 10 月 オフィスを横浜市鶴見区に移転
2016 年 3 月 北米向けモデルWHILL Model Mが米国FDA認可を取得
2016 年 3 月 第三者割当増資により1750万米ドル(約20億円)を調達
2017 年 4 月 普及価格帯モデルWHILL Model C発表
2017 年 12 月 研究開発モデルWHILL Model CRを発表
2018 年 1 月 北米向けモデルWHILL Model Ciを発表
2018 年 6 月 WHILL Model Cを欧州で販売開始
2018 年 9 月 約50億円の資金調達を実施