研究開発モデル

Model CR

img
メーカー希望小売価格 750,000
(非課税)送料調整費別

研究開発モデル WHILL Model CR
研究開発の基盤となる高性能
モビリティ

研究開発モデル WHILL Model CR(ウィル モデル シーアール)は、
パーソナルモビリティ「WHILL Model C(ウィル モデル シー)」の
仕様を基本とし、外部機器から入力信号を送信することで
(通信方式:RS232C)、本体を制御することができ、
また、本体の情報(速度、加減速値、エンコーダー情報、
加速度センサー値、コントローラー入力情報、バッテリー情報など)
を取得することができるモデルです。
自動走行、自動停止、追従走行などのスマートモビリティ技術の開発や、
自律ロボットを研究するプラットフォームをお探しの方にお勧めです。

img
メーカー希望小売価格 750,000
(非課税)送料調整費別
img img
img img

Specification

s_2 s_2

WHILL Model CRは、人が乗車した状態で走行が可能です。耐荷重量は115kgとなります。

s_4 s_4

最大5cmの段差を乗り越えることが可能で、起伏のある道路状況でも安定した走行を実現します。

s_3 s_3

オムニホイールと高出力モーター(日本電産株式会社と共同開発)により、最大5cmの段差を乗り越えることが可能です。また、位置情報の取得が容易です。

s_1 s_1

工具不要で簡単に3つに分解可能。セダンタイプの車のトランクにも搭載できます。
※分解時の重さ
シート:約14.5kg、メインボディ(後輪):約20.0kg、
ドライブベース(前輪):約14.5kg、バッテリー:約2.8kg

img img

ショッピングバスケット(標準装備)

img img

ミニバスケット(オプション)

img img

スマートフォンホルダー(オプション)

ショッピングバスケット(かご)をボディ下に標準装備。20Lの大容量でデバイスの収納が可能です。
また、スマートフォンホルダーや背面に取り付けるバスケットなど、各種オプションを取り揃えています。

Examples

WHILL Model CRはLiDAR、ステレオカメラ、ミリ波レーダーなどを搭載した制御ボードと組み合わせることで、
自動運転、自動停止、衝突回避の研究に活用できます。
想定される使用例、および実際のご活用事例を紹介します。

img
車車間通信を行うことで、追従走行、隊列走行の研究に活用できます。

介護福祉・医療
1人の介助者・看護師で、複数人の施設入居者・入院患者の、外出や施設内移動のサポート
物流

倉庫内でのピッキング、お客様宅への配送を担う物流支援・運搬支援ロボットとして
img
RFIDでの個人認証、スマートフォンのアプリケーションなどと連携を行うことで、移動支援、自律走行の研究に活用できます。


まちづくり・スマートシティ
市街地、集合住宅、大学、商業施設(空港、モール、レジャー施設)などにおけるシェアリング
過疎地域の居住者、歩行困難者への移動支援

img

VRゴーグルなどと連携を行うことで、アート、遠隔体験の研究に活用できます。

アート・エンターテイメント
レクリエーション、アミューズメント用途として
観光・教育

乗車している人が見ている景色(観光地、博物館、美術館、工場)などを遠隔地にいる人へ共有し、遠隔体験
音声認識による電動車いすの自動運転システムの開発
(久留米工業大学様、株式会社コンピュータサイエンス研究所様、株式会社ゼンリンデータコム様の共同研究)

 WHILL Model CRに自動運転システムを取り込んだPCを取り付け、スマートフォンやタブレットなどの端末でクラウド上のルート検索システムと対話で相談して目的地を告げると、車いすに設置されたカメラやBeacon、衛星測位システム(GPS、みちびき)で現在位置を確認し、自動走行で目的地まで案内するシステムです。 人工知能の搭載により、障害物を避けながら進むことも可能です。現在、久留米市内の商店街などで実証実験が開始されています。

ex1 ex1
ex1 ex1
パーソナルモビリティ運転支援システムの開発
(早稲田大学様・日本電信電話株式会社様)

「利用者一人ひとりに寄り添った運転支援」を目的に、WHILL ModelCRの走行データにもとづき、「技能」「心理」の二つの側面から運転を支援するシステムの開発が行われています。  東京モーターショー2017では、運転支援システムの一例として、WHILL ModelCRと眼鏡型ウェアラブル端末によって機体情報や利用者の身体情報を取得し、運転技能は軌跡・コントローラーの操作速度・走行時間・注視領域から、運転者心理は利用者の瞳孔径などの情報を用いて評価し、運転支援システムがそれら評価結果を利用者にフィードバックする展示を行いました。

Options

  
おすすめのアクセサリーを用意しています。オンラインストアからの購入も可能。
(Model Cと共通オプション)

Specifications

走行距離 16km ※路⾯状況などにより変化
最高速度 6km/h
段差乗越 5㎝
登坂力 10度
最小回転半径 760mm
サイズ(幅×長さ×高さ) 550×985×740-940mm
重さ 約52kg
充電時間 5時間
フロントタイヤ オムニホイール
リアタイヤ ノンパンクタイヤ
アーム 跳ね上げ式
最大荷重 115kg
バッテリー リチウムイオン(25.2V 10.0Ah)
使用環境** -15℃~40℃
搭載センサ 加速度センサー、モーターエンコーダ
   
+
接続端子 RS232C TX/RX
通信方式 RS232C
供給電源 24* V (1A×3ピン), GND
   

* バッテリー電圧により変化します。

Color Variation

8色の中からお好きな色をお選びいただけます。
color color