お役立ちコラム
トップ お役立ちコラム シニアカー、電動カートを知る 免許や公道での扱い 保険の使い方

シニアカー、電動カートを知る 免許や公道での扱い 保険の使い方

「最近、年をとって自転車に乗るのが大変になってきた。でも、歩いて買い物に行くのには遠い」。こんな理由で、あまり外出をしなくなるとしたら、残念ですよね。そんな高齢者の外出を手助けするのが、「シニアカー」です。「電動カート」とも呼ばれていますが、大きく括れば「電動車椅子」に区分されます。ここでは、「シニアカー」と「電動カート」との違いや、走行するのは歩道か車道か、更に免許の有無、注意事項などを紹介していきます。

 

シニアカー、電動カート、セニアカーの違いはなに?

「シニアカー」、「電動カート」、「セニアカー」の違いがよくわからない、という方は意外に多いのではないのでしょうか。

シニアカー」とは主に高齢者が利用する、座りながら移動ができる電動車椅子のことです。ハンドルで操作するという特徴があります。

電動カート」は、遊園地にあるゴーカートなどレースができるものや、子どもが乗れる玩具で車の形をしているものなども含んだ広義のものになります。つまり、「シニアカー」は「電動カート」の一部ということですね。似たような名前の「セニアカー」は、自動車会社のスズキが商標登録し、製造・販売しているシニアカーを指します。混同しないようにしましょう。

シニアカーと道路交通法 免許は必要? どこを走る?

道路交通法では軽車両? いいえ、歩行者扱いです

シニアカーはハンドルがついているので、一見すると自転車や原動機付自転車と同じカテゴリと思われがちですが、道路交通法上では歩行者と同じ扱いをされています。そのため、歩行者として歩道を走行できます。

シニアカーは「ハンドル型電動車椅子」で、手元のスティックで操作する「ジョイスティック型電動車椅子」と同様の規定でつくられてます。

なお、歩道がなく路側帯がある道路では、右側の路側帯を、歩道も路側帯も無い道路では、道路の右側を走行します。

シニアカーに、免許はいらない

歩行者扱いとなるシニアカーの操作に、運転免許は必要ありません

ハンドルで方向を決め、速さは速度ダイヤルで設定します。アクセルレバーを操作するだけで走らせることができるので、誰でも簡単に運転することができる便利な乗り物です。

しかしながら、成人の早歩き程度の速さが出るうえ、それなりに幅をとる乗り物ですので、基本的な交通規則を覚えておくことはもちろん、他の歩行者への気配りを忘れずに。

最高速度は6km/h 成人の早歩き程度の早さ

シニアカーおよび電動車椅子のスピードは6 km/h までと定められています。

それ以上のスピードが出てしまうものは、道路交通法上、自動車または原動機付自転車になってしまいます。(国土交通省:参考資料 「自転車等に関する法令等の規定」 法2条1項11号の3)

この6 km/hとは、成人が早歩きをする程度の速さ

シニアカーのサイズを考えると、人ごみの中を移動する場合には少し速めかもしれません。速度ダイヤルなどで速さを設定できるので、周囲の人に迷惑がかからず、自分が運転しやすい速度を心がけるとよいでしょう。

シニアカー、電車に乗れる? 店内に入れる?

シニアカーは現在、歩行補助具として普及しつつありますが、施設内で利用する際は、その対応が各施設に任されています。歩行者との接触事故などの懸念はありますが、最近のテーマパークなどでは、積極的に貸し出しを行い利用できるところも増えています。

一方、鉄道は、国土交通省の基準に沿って鉄道各社が独自のルールを設定。設定前は、シニアカーの利用は、障害者自立支援法などに基づいて購入費を受給した人と介護保険制度でレンタルしている人に限られていました。つまり、自費で購入・レンタルをした人は鉄道の利用ができなかったのです。

しかし、2018年4月から介護保険制度の対象外の人も利用できるようになりました。自費利用者からの要望が高まったことを受け、寸法と小回りが利く条件をクリアしていれば電車に乗ることができるようになりました。

シニアカーレンタル どこで借りられる? 介護保険は適用できる?

シニアカーを利用する場合、購入かレンタルになります。レンタルの場合は、車椅子同様に介護用品を扱うお店で借りられ、月毎のほか1泊2日や1週間といった短期間で貸し出しができるところもあります。介護保険制度を利用し、長期で借りたい場合は、利用者の要介護度によって介護保険が適用される場合がありますので、担当のケアマネージャーに相談してみましょう。その場合、1割負担となりますので、およそ月額2000~3000円ほどで借りられます。

車椅子のレンタルについては、こちらの記事を参照してください。

How to 車椅子レンタル~日数、料金、介護保険適用

シニアカーの事故対策 任意保険も

道路交通法的には歩行者扱いとなるシニアカーですが、電動で動く「乗り物」であることは事実です。

幅は最大で120cm、重さは50~100kgあるため、人や物にぶつかりやすく、ぶつかった時の衝撃は生身の人間同士がぶつかる場合よりも大きくなります。

また、ぶつかったことに気付かないといったこともあり、特に狭い施設内や混雑している場所では注意が必要です。過去には、ベビーカーに衝突して、赤ちゃんにケガを負わせてしまったなど加害者となってしまうケースも発生しています。

なお、地域やメーカーの安全講習なども行われているので、そういった講習会に参加してみるのもよいかもしれません。

また、保険の検討もしておくと安心です。

一般的には別の保険で賄えること多く、例えば車の接触で被害者側であった場合、同居の家族が加入する自動車保険に「人身傷害保障」が付帯されていれば、「歩行中の事故」として適用されます。加害者側となった場合には、個人向け賠償責任保険が活用できそうです。この保険は、自動車保険や火災保険、傷害保険などの「特約」として加入するもので、同居の家族も保障されるため、1世帯に1人だけでも加入しておくと万が一に備えることができます。

高齢者の外出を快適にするシニアカー

高齢になったり、足の自由が利かなくなったり、疲れやすくなってきたりすると、外出も億劫になりがちです。

そんなときに、シニアカーや電動車椅子があれば買い物やお出掛けもぐっと楽になるでしょう。

「もう自転車は危ないけれど、歩いて買い物や日々の用事をこなすのは難しい。」そういった方々に使いやすいのが、このシニアカーや電動車椅子なのです。保険や安全講習などバックアップが増え、さらにシニアカーでのお出掛けがしやすくなっています。

シニアカーデビューを考える際には、ぜひ、WHILLの電動車椅子も検討してみてくださいね。

 

今だけ! WHILLを気軽にお試しいただけます

パリミキ・メガネの三城様のスペシャルキャンペーンとして、2019年4月から期間限定、数量限定で、WHILLを月額9,900円でレンタルいただけます。レンタル前にはご自宅にお持ちして無料で試乗でき、お好きなタイミングでレンタル開始。ちょっとだけ試してみたい、旅行のためにこの月だけ借りたい! など、ご要望にお応えします。

万一のときのために、ご自身だけではなく、対人/対物への事故もカバーした傷害保険、賠償責任保険も完備しています。

ぜひ、お気軽にご相談ください! 詳しく見る