お役立ちコラム
トップ お役立ちコラム QOL (クオリティ オブ ライフ)を向上させよう!その意味と評価基準

QOL (クオリティ オブ ライフ)を向上させよう!その意味と評価基準

QOL(Quality of Life)という言葉をご存じですか? 「人生の質」、「生活の質」などと訳されることが多く、私たちが生きる上での満足度をあらわす指標のひとつです。医療・教育などさまざま分野で注目・活用され始めています。まだまだ一般的な言葉として浸透していない部分もあり、QOLをキチンと定義することは簡単ではないようです。この記事ではQOLとはどのようなものか、QOL向上とはどのようなことを指すのかを、医療や介護の視点を交えながら解説していきます。

QOL (クオリティ オブ ライフ)とは、どんな意味? 

「生活の質」とは一体どんなことなのでしょう。その質の良し悪しとはどのように捉えることができるのでしょうか。

 

QOL(クオリティ オブ ライフ)とは

QOLの概念は、歴史的にはソクラテスの「なによりも大切にすべきは、ただ生きることでなく、よく生きることである」といった哲学的追求までさかのぼることができます。

現代のQOLの概念に注目が集まってきたのは1970年代頃。技術の進歩によって物が簡単に豊富に手に入るようになったため、生活の豊かさを評価する基準が、物の量ではなく、質の良さになってきたことがきっかけであったと考えられます。

つまり、QOLとは、「より多く」よりも「より良く」という価値観であり、「物質的な豊かさに満たされた生活」ではなく、「毎日が充実し、心身が満たされた生活」に焦点をあてた考え方となります。

 

QOLの定義、評価基準は?

それでは現代のQOLの概念とはどのように定義されているのでしょうか。QOLが研究され始めてからほぼ半世紀の年月が経ちますが、実はその定義は多種多様で、未だに議論が交わされているのが現状です。

WHOは1994年にQOLを「一個人が生活する文化や価値観のなかで、目標や期待、基準、関心に関連した自分自身の人生の状況に対する認識」と定義しています。そして評価基準として、国際間比較が可能な「WHO/QOL」と呼ばれるQOL基本調査票を開発しました。

この基本調査票はQOLの構成領域を「身体的領域」「心理的領域」「自立のレベル」「社会的関係」「生活環境」「精神性/宗教/信念」の6領域に設定、各領域をさらに細分化して質問を設け、その回答を点数として集計する評価法です。

例えば簡易版の「WHO QOL26」は、「身体的領域」「心理的領域」「社会的関係」「環境領域」の26の質問について、受検者自身が過去2週間の生活を振り返って、「どのように感じたか」「どのくらい満足したか」を5段階評価で回答し、採点します。病気の有無を測るのではなく、受検者の主観的幸福感、つまり生活の質を測定します。点数が高ければ質が高く、低ければ低いということになります。

 

QOLを向上させるには? 低下するってどういうこと?

では、体の運動機能が落ちてきた場合のQOLの向上・低下について、具体例を挙げて、考えてみましょう。

どうしたらQOLは高くなる?

たとえば、年をとって体の自由が利かなくなり、今まで自分でできていたことができなくなってしまった、という方がいたとします。この方のQOLを向上させるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

この場合、まず本人が「何を幸せとするか」を知る必要があります。

たとえばその方が、「人の役に立つ」ことに幸せを見出していたとしたら、体の自由が利かないので人の役に立たないと思ってしまうことは、とてもフラストレーションを感じることになります。

まずは第三者の手を借りたり、運動をサポートする道具などを活用したりして、基本的な生活をスムーズにする。その上で人の役に立つこと、たとえば何かを作ったり、できる範囲の仕事をしたりといった、その人が幸せを見出せることに注力できる状況を作り出すことで、この方のQOLは高くなります。

 

低下する原因は?

逆に今度は低下する原因について考えてみましょう。

年齢をかさね、あるいは病気などで、今までできていたことができなくなった人が、周囲に迷惑をかけたくないと考えていたとします。

周囲が優しさをもって手を貸したとしても、その人のQOLは低下してしまいます。それはなぜでしょうか?

運動能力の低下や健康状態の悪化を目の当たりにすると、精神的に落ち込む上、一方的なサポートを受けることによって、本人が「周りに迷惑をかけてしまっている」と思い込んでしまい、それがストレスに繋がってしまうからです。

QOL向上のポイントは「本人が何をもって幸せとするか、何を大切にしているか」が軸になりますから、その状況によって手を貸すほうがよいか、貸さないほうがよいかは刻々と変化する可能性もあります。

また、本人の努力によって克服できることなのに、人が手を貸してしまったばかりに本人の能力が発揮できなくなってしまったという場合も、その人のQOLは低下します。

とはいえ、実際のところ、本人自身も「自分は何を求めているのか」ということが漠然としている場合もあります。そのため、QOLを低下させないためには、客観的な評価、医学的な見解、ヒアリングやコミュニケーションなどでこれを紐解いていくことが、最も大切なことになります。

 

QOLとADLの関係性

ADL(Activity of Daily Life)とは、日常生活をおくるために必要な基本的な動作である、食事、更衣、排泄、入浴、整容(容姿を整えること)、移動などを指します。

1980年以前の「障害者リハビリテーション」の目的はADLの自立でしたが、1980年以降はQOLを求める方向へとシフトしてきました。

長い時間をかけて衣服を着替え、自分の足で歩いた結果、目的地での活動の時間が減ってしまうよりも、人や機械の手を借りてADL(日常生活動作)に費やす時間を短縮し、目的地での自分の活動時間をしっかりと確保できる人のほうが、人間の自立度としては高くなるという考え方です。

仮にADLができていたとしても、その生活の質が低ければその人の満足度は低くなり、反対に寝たきりになっても、本人の意思が尊重された上で介護を受けていれば、QOL、満足度はともに高くなると言えます。

 

QOLを重視した医療や福祉って?

1970年代にQOLが注目されると同時に、医療の分野においてもその注目度が高まってきました。

それまでの治癒率や生存率などで判定してきた医療の評価基準が、患者の主観的評価を重視する方向へと変化してきたことに起因しています。

では、医療・福祉の分野におけるQOLとはどのようなものなのでしょうか。

 

医療上でのQOLの概念とは

1947年のWHO健康憲章にある健康の概念が、医療分野においてのQOLの概念に相当するものとして用いられることが多く、「単に疾病がないということではなく、身体的にも精神的にも社会的にも完全に満足のいく状態にあること」と定義されています。

例えば、ガンの治療を受けている患者には、治療において痛みや体の機能低下などに悩む場面があり、彼らにとってQOLとはとても大切な観点です。効果は高いが副作用も大きい治療を選ぶか、治療効果は下がるが副作用の優しい治療を選ぶかなど、患者自身の意思を重視する病院もあったり、国立がん研究センターのガイドには、ガンに対する自分らしい向き合い方などがサポートされていたりと、QOL向上に向けた取り組みがみられます。

 

高齢者や患者のQOLを向上させる介護、看護とは?

介護や看護において、排泄におむつを使用するケースは少なくありませんが、羞恥心や自尊心に関わるケースもあり、できるだけトイレで用を足すということがQOL向上に繋がるとされています。実際に排尿ケアでおむつがはずれた方たちは、自信が生まれ、自主性の向上にも繋がり、たとえ車椅子であっても自立した生活が送れるようになるという事例もあるようです。

またレクリエーション活動を含む余暇活動は、健康でいかによりよく生きるかというQOL向上に多いに役立ちます。基本的な生活時間に加え、他者との交流を図ることで孤独感を解消し、人と関わる楽しさや喜びを見出すこともできる上に、その活動の場に行くということ自体が役割や仕事となり、個人を尊重することに繋がります。

 

QOLの向上に、電動車椅子

基本的な生活を送る上で、不可欠な「移動」という行為。これをサポートするものは世の中にたくさんありますが、今、電動車椅子が注目を集めています。

今まで障害のある方や高齢で体の自由が利かなくなった方のためというイメージがあった車椅子ですが、移動することに努力や時間がかかってしまう方にとってもQOL向上のためのツールとなり得るのではないでしょうか。

 

電動車椅子にできること

障害者や高齢者の区別なく、どんな方でもQOLを向上させることは大切です。「足が弱くなって遠出ができなくなってきたけど、本当はもう少し遠くのあの場所まで出かけてみたい…」「本当は毎日、人が集まるあの場所まで行きたいけど、なかなか億劫で…」などといった、「できなくてもいいけど、本当は…」というところにQOL向上に繋がる大切な要素が潜んでいるかもしれません。

次世代の電動車椅子WHILLは、快適な乗り心地と操作性、毎日乗りたくなるようなスタイリッシュなデザインで、そんなあと少しの行動を後押しできる存在をめざしています。

あなたが実現したい生活はどんな生活ですか? 今一度、あなたにとってよい生活の質とは何か、そしてそれを後押ししてくれるものを、ぜひ見つけてみてください。

 

<WHILLについてもう少し詳しく知りたい、、と思った方は!>
WHILL Model Cの詳しい製品情報はこちらからご覧になれます。
また、WHILLってどんな会社なの?と思った方は「会社について」やWHILLのこれまでとこれからがわかる「WHILL HISTORY」をのぞいてみてください。

<ご存知ですか? ご自宅にWHILLをお持ちして、無料で試乗できます!>
WHILLの購入や介護保険レンタルを考えているけど、うまく運転できるか試してみたい、自宅に置けるか試してみたい・・とお考えの方、
ご存知ですか? お客様のご自宅にWHILLをお持ちして、無料で試乗いただくことができます。
お問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください!
また、「購入するにはどうしたらいいの?」「まずは資料を請求したい」と思った方も、お問い合わせフォームから承ります!