お役立ちコラム
トップ お役立ちコラム How to 車椅子レンタル~日数、料金、介護保険適用

How to 車椅子レンタル~日数、料金、介護保険適用

今現在車椅子を購入しようか、あるいはレンタルにしようかとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

あるいは、けがや病気などで急に車椅子が必要になってしまうというケースもあります。

いざという時のためにも、車椅子のレンタルについて知っておきましょう。

車椅子のレンタルを考えるときに、気になることは?

車椅子をレンタルしようと思った時に、まずどこで借りられるか?どのくらいの費用がかかるのか?介護保険は使えるのか?短期や即日でも借りられるのか?いろいろなことが気になりますよね。

そうしたお悩みに、一つ一つご回答していきます。

車椅子はどこで借りられる?

病気やケガの場合は病院や薬局で借りられる車椅子。とはいえ、いつまでも借りてもいられなかったりもします。高齢の方が通院などで必要になったり、地方から高齢の家族が来たときなど、短期で車椅子を借りたい時、どこで借りれば良いでしょうか?

 

医療用品店や福祉用具販売店、介護用品レンタルショップ

車椅子を貸してくれるところとしては、医療用品店や福祉用具販売店、介護用品・福祉用具のレンタルショップなどがまず頭に浮かびます。例えば居住区近くにそういった専門店がないようであれば、実店舗だけでなく、オンラインで予約すれば全国どこでも配送してくれる、ネットレンタルショップもあります。

社会福祉協議会もチェックしてみよう

社会福祉協議会は、社会福祉活動を推進することを目的とした、民間の非営利団体です。自治体の社会福祉協議会では、車椅子を無料で貸し出ししてくれるところもあります。

基本的には、該当自治体に住む人を対象にしている場合が多く、自治体によって、借りられる期間、借りられる目的、どのような人が借りられるかは異なるので注意が必要です。

ショッピングセンターやUSJなどのテーマパーク、観光名所にも

ショッピングセンターやテーマパークなど、広いエリアを移動する、あるいは長時間歩き回る必要がある場合、杖や松葉杖での移動は大変ですよね。一時的にレンタルしたい、目的地付近でレンタルしたい場合、最近ではショッピングセンターやテーマパーク、大型店舗などで車椅子を貸し出ししてくれるところがあります。

例えばユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では500円/日で車椅子を貸し出ししています。車椅子のまま入場できるアトラクションもあります。

京都市では、市が市内数カ所に車椅子のレンタル拠点を設けていて、借りたい日の当日に手続きし、レンタルできます。堺市では障害者が施設見学する場合に、無料レンタルを提供しています。

また、全国展開する大型店舗、商業施設などでは、車椅子を無料で貸し出ししてくれるところも結構あります。無理せずサービスカウンターや受付で相談してみることをおすすめします。

このようなバリアフリーやユニバーサル化を目指している施設では、車椅子での移動のストレスがないようにトイレなどの設備も整っています。

空港などの公共交通機関でもレンタルできる

空港内の移動用の車椅子は、空港でのレンタルや、航空会社によるレンタルがあります。

空港では案内所で、航空会社のレンタルはチェックインカウンターで、無料で貸し出してくれます。

JR東京駅や、大阪駅など主要駅では、構内移動用に車椅子を無料レンタルしてくれるので、そちらも要チェックです。車椅子での旅行時のポイントはこちらの記事も参照してください。

車椅子をレンタルするとき、介護保険は適用できる?その手続は?

レンタルにかかる料金を考えるときに、介護保険が適用できるか?は気になりますよね?

車椅子のレンタルでは、介護保険を適用することができますが、利用にはいくつかの条件があります。

まず、介護保険は40歳以上の方が加入でき、65歳以上の方(第1号被保険者)と、40歳から 64歳までの医療保険加入者(第2号被保険者)に分けられます。

第1号被保険者は要介護認定または要支援認定を受けたときに、第2号被保険者は、加齢に伴う疾病が原因で要介護(要支援)認定を受けたときに、介護サービスを受けることができます。

車椅子のレンタルに介護保険を適用するには要介護認定2以上である必要があります。

ただし、要支援1~要介護1の方でも、日常的に歩行が困難な人などは、医師やケアマネージャーの同意を得て、例外的にレンタルに介護保険を適用できる場合もあります。ぜひ、相談してみてください。

介護保険を使えば、1割負担(一定所得以上の場合は2〜3割負担)でレンタルできます。

また介護保険は、生活で利用するための車椅子レンタルに適用できますが、旅行先で一時的に使いたいと現地でレンタルする際には、介護保険は適用できませんので、注意しましょう。

参照:厚生労働省 「介護保険制度について」

厚生労働省 介護サービス情報公表システム

車椅子1日借りたらレンタル料金はいくらくらい?

次に気になるレンタル費用についてみていきましょう。車椅子のレンタル費用は、1日単位でレンタルできるものから、数日〜月単位でレンタルできるものまであり、また車椅子の種類によってもさまざまです。

東京で1日レンタルした場合

例えば都内で車椅子をレンタルする場合、ある介護福祉用品のレンタルショップでは、自走式車椅子を4000円程度(介護保険適用時なら400円~1200円程度)で借りることができます。ただしレンタル期間が1ヶ月~となっているので、1日でも上記の値段がかかってしまいます。

一方で、ネットレンタルのショップの中には、1日数百円でレンタルしてくれるショップもありますが、対応エリアが限られていたり、別途配送料がかかるケースもありますので、全体の費用が不明な場合は必ず問い合わせをしてから申し込むことをおすすめします。

こんな要望もかなえてくれる? 車椅子レンタル+α

その他にも、今すぐ借りたい、車に載せたいなど、車椅子を使うシチュエーションで必要な条件はあります。

予約なし、当日、即日借りたい時はどうする?

車椅子を当日、即日借りたい場合には、医療用品店や福祉用具販売店、介護用品レンタルショップの実店舗に直接借りに行くことになります。ただし、在庫があれば、の話になるので事前に電話して、在庫状況を確認してから行くことをおすすめします。

また居住区の社会福祉協議会での貸し出しや、車椅子ステーションなどでは、こちらも事前の在庫確認が必要ですが、住所など確認できる書類を持参すれば、短期利用の場合無料で貸し出してくれます。

車椅子と一緒にスロープやリフト、クッションも借りられる?

レンタルショップにもよりますが、スロープ、リフト、クッションも車椅子と一緒にレンタルできます。

これらの付属品も、クッションなど車椅子と一体となって使用するものやスロープ(段差解消のため工事を伴わないもの)などは介護保険が適用できる場合もあるので、借りる際に確認しておきましょう。

子供用、大きいサイズ、選べるもの?

車椅子には子供用から大きいサイズまでさまざまなものがあります。特定のサイズを希望の場合は、バリエーションが豊富なネットレンタルがおすすめです。

電動車椅子も借りられる?

電動車椅子もレンタルできます。サイズや仕様などを選べる場合もあるので、あらかじめネットで調べたり、レンタル予定のレンタルショップなどに電話で確認しておくと安心です。

WHILLの電動車椅子もレンタル利用可能です。

WHILLの電動車椅子をレンタルできる店舗はこちら

車椅子を購入前にレンタル?

車椅子を購入する場合、どういったタイプ(車椅子の種類についてはこちらを参照)を選ぶかで値段は大きく変わります。

車椅子の購入には介護保険が適用されないので、レンタルと比べ最初は割高に感じますが、

・介護保険レンタル適用外だが長期間使う予定の人

・車椅子を、自分の状態や身体に合わせて、身体の負担を軽減させたい人(カスタマイズが必要な人)

・都度、貸与期間と費用の計算や手続きなどの煩わしさもなく、いつでも気兼ねなく自分だけの車椅子を使いたい人

などは、購入を視野に入れてみてはいかがでしょう。購入前に、一度レンタルして、一定期間使ってみると、自分が求める機能や、使い勝手が分かりやすいかもしれません。

なお、障害や難病疾患の方の車椅子購入にあたっては、補装具費支給制度が適用できますので、該当する方は申請をおすすめします。

WHILLを補装具費支給制度で利用する

車椅子レンタルはますます身近に

自治体によっては車椅子ステーションを拡充し、どこからでも徒歩10分以内の場所に設置することを目標としているなど、歩行が不自由な方が利用できるよう、車椅子のレンタル利用は、便利になってきています。

時には購入前のお試しとして、また旅先での行動範囲を広げるために。移動をもっと楽しくする第一歩として、車椅子のレンタルを活用してはいかがでしょうか?