お役立ちコラム
トップ お役立ちコラム 車椅子旅行のその前に 飛行機や新幹線の乗り方、事前準備と予約方法

車椅子旅行のその前に 飛行機や新幹線の乗り方、事前準備と予約方法

ハードルが高いと思われがちな車椅子の旅行ですが、事前のしっかりとした計画と準備、そして「どんなことでも楽しもう」という気持ちがあれば大丈夫。

飛行機や新幹線は、一般のバスや電車と異なり特別な乗り方が必要と感じてしまいますが、車椅子の情報を事前に伝えたり、早めに到着しておくなど、基本的なことは変わりません。

ここで紹介するいくつかのポイントを押さえ、車椅子での旅行をもっと楽しんでみませんか?

 

車椅子で韓国、台湾、海外へ。飛行機に乗るときの手順と注意点

飛行機の利用は、車椅子ユーザーでもネットからチケットの予約・購入が可能です。

予約後、遅くとも出発日の2~3日前に、航空会社に連絡をして車椅子であることを伝えましょう。

機内では専用の車いすを使用し、自分の車椅子は預け入れます。チェックイン時に空港内専用の車椅子に乗り換えることになりますが、JALやANAなど大手航空会社では、搭乗ゲートまで自分の車椅子を使用することが可能な場合もあります。航空会社によって対応できる内容が変わりますので、航空会社を決める前に、しっかりチェックしておきましょう

飛行機を利用する場合、気をつけたいポイントの一つに、電動車椅子の場合のバッテリーの種類があります。

種類や取り外しの可否、ワット時定格量(Wh)によっては機内持ち込み・預け入れともにできないことがあるため、電動車椅子をご利用の場合は、事前に調べて航空会社に確認をしておくと安心です。

また、空港でもサポートをお願いできますので、出発地、到着地の空港情報もチェックしておくと安心です。

・JAL – プライオリティ・ゲストサポート

ANA おからだの不自由なお客様へ

お手伝いの必要なお客様へ | 成田国際空港

・お手伝いが必要なお客さま | 羽田空港国際線旅客ターミナル

車椅子で国内旅行 新幹線に乗るときの手続きと注意点

新幹線での車椅子対応の座席は数が限られているため、インターネットでは予約ができません。窓口か電話での予約となります。窓口で身体障害者手帳(コピー不可)を提示すると乗車料金は割引となります。ただし、特急料金や寝台料金は割引にならないので注意しましょう。

自分で座席に移動できる人は座席利用も可能です。体の不自由な人が優先して使える多目的室の予約が可能ですが、「急病人に出た場合には、移動してもらう可能性がある」と言われた方もいるようです。

JR東日本 駅・鉄道/旅行・観光>お身体の不自由なお客さまへ

JR東海 鉄道のご利用について>歩行の不自由なお客様へ

JRおでかけネット(JR西日本)-お身体の不自由なお客様へ(車いすをご利用のお客様)

車椅子での旅行、トイレの心配には?

旅行の際、まずは事前準備として、多目的トイレの場所を確認しておくと安心です。

目的地が有名観光地などであれば、観光局や地方自治体などにトイレ情報を記載したマップなどを用意されている場合もあります。

他にもNPO法人Checkによる『チェック ア トイレット』や、google mapで、「多目的トイレ」に「地域名」を追加して検索すると、トイレの場所が表示されるので参考にできます。ただし、最新のトイレ情報であるとは言い切れないため注意は必要です。

もしものために、紙パンツや尿とりパット、携帯トイレを用意しておくと、いざという時のお守り代わりになるでしょう。トイレに行きたくないからと水分を控えるのは危険です。

水分はしっかりととりつつも、海外旅行、とくにアジアなどでは食事に気を付けてお腹の調子を整えておくといった基本的な体調管理もお忘れなく

Check A Toilet ユニバーサルデザイントイレマップ

家族・友人の介助がなくても大丈夫、トラベルヘルパーとは?

Couple on holiday, man in wheelchair

家族や友人に気を使うことなく、1人で好きなところに行ってみたい。でも介助なしでは難しい、あるいは不安がある。

そんな方は、トラベルヘルパーの利用はいかがでしょう?

旅行ヘルパー、旅行介助ガイド(トラベルボランティア)、トラベルサポーターなどいくつかの呼び方がありますが、研修で知識を付けた方に有償で同行をお願いできるサービスです。

移動介助はもちろん、トイレやオムツ交換、浴場利用時の介助など、介助全般をお願いできることが多いようです。予約時にサービスの内容をきちんと確認しておきましょう。

料金は、ヘルパーへの日当および、ツアーに参加する場合はヘルパーのツアー代金の全額負担が基本。なお、看護資格をもったボランティアの方が、介護制度ではカバーできないサービスを提供してくれる訪問ボランティアナースでも旅行介助を行なっている場合がありますので、そちらも調べてみるとよいでしょう。

特定非営利活動法人 日本トラベルヘルパー協会

・介護旅行の「あ・える倶楽部」 | 超高齢者時代をもっと楽しく快適に!!

・トラベルサポーター|クラブツーリズム

・全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス

車椅子、杖の方が参加可能なツアーもあります

同行者がいれば旅行会社のツアーでも参加が可能な場合があります。また、数は多くはありませんが、車椅子ユーザー向けのツアーもあります。なかには、温泉での入浴介護付きツアーというのもあります。

大手旅行会社ではH.I.SやJTB などでも募集型のツアーを販売しています。利用者向けに特別に組まれた企画型ツアーではないため、最少催行人数を下回ると催行されない可能性はありますが、介助資格をもった旅行介助ガイドが付き、事前に旅行会社が現地のバリアフリー状況を確認してつくられているツアーなので、安心して旅を楽しむことに集中できそうです。

H.I.S.ユニバーサルツーリズムデスク|障がい者旅行はH.I.S.|車いす・高齢者

エースJTB 厳選のバリアフリーの宿 「身体にやさしい宿」 2018/10/1~2019/3/31

・杖・車いすで楽しむ旅・ツアー|クラブツーリズム 

車椅子で旅行 荷物はどうしてる? どのくらい?

近年、飛行機に預け入れる荷物の重量制限が厳しくなっています。特に海外旅行や国内でLCC(格安空港会社)を利用する場合は、預け入れ荷物の個数に制限があるため、注意が必要です。

車椅子旅行を楽しむ方たちの間では、旅行中は、両手が空くリュックが定番です。加えて、貴重品やよく使うものを入れた小さめのリュックやボディバッグ、ウエストポーチなどを持つと便利です。また、パッキングでオススメなのは、シーンごとに使うものを小分けしておく方法。1日目の着替え、○○の時、などと分けておくと取り出しやすく、介助者の負担も減ります。荷物を先に送っておくのも1つの手です。

加えて、車椅子の説明書なども準備しておきましょう。車椅子自体に何かトラブルが起きた時に便利です。

旅行用に車椅子をレンタルするときは?

あらかじめ出発地からレンタルする方法と、現地でレンタルする方法があります。国内では自走式車椅子であれば1日からレンタルでき、数百円から4000円ほどで借りられます。

少しの時間でも自力歩行ができる方は、現地で借りるのもよいでしょう。メインの目的地がテーマパークなどであれば、施設内で車椅子の貸し出しをしているところもあります。

海外でも、レンタルは可能です。例えば、ハワイでは砂の上や平らでない場所も楽に移動できる全地形対応型の車椅子をレンタルしています。

なお、車椅子をレンタルする場合、破損に備えて旅行保険への加入をおすすめします。カード付帯の旅行保険では保証の対象外となることもあるため、事前の確認が必要です。

 

快適な車椅子の旅行を楽しもう

多くの航空会社では、身体障害者割引を適用しているため、ラウンジが使えたり、座席に余裕のあるビジネスクラスがお得に利用できる場合があります。 このようなサービスを利用して、車椅子の旅を快適に過ごしましょう。

事前の準備や下調べは必要ですが、旅行で得られる体験や感動はかけがえのないもの。「車椅子でできることが増えていく」。そんな感動をぜひ体験してください。