パーソナルモビリティの新しい価値観を創出し続ける”WHILL”と
アートで新しい価値観を創出し続ける”Takayuki Matsumine”が、化学反応を起こす。
テーマは、ただ1つ。
「WHILLの部品を使い、アート作品を制作する。」

アーティストTakayuki Matsumineは、このテーマから、何を生み出すだろうか。
Takayuki Matsumine
1985年岩手県雫石町に生まれる。現在は、盛岡市を拠点に活動するアーティスト。
2001年フリースタイルスキーの転倒事故により頸椎を骨折、脊髄を損傷し四肢麻痺(両手両足が動かない)となる。
2010年、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに渡り、サンタモニカカレッジで1年間学ぶ。
カリフォルニアのアートやエンターテイメント文化の価値に触発され、アートの世界に飛び込んだ。
Takayuki Matsumineが起こしたアクシデントはThe Perfect Acidentとして、偶然的完全性を持っていると本人が自答する通り、
このアクシデントによって授かった感性は唯一無二の特別な価値を持つものである。
世間で議論させる既成概念はTakayuki Matsumineの足を引っ張るものとして遠くに置き去りにし、自身の特別な経験とインプットから超越的知覚を与える作品を生み出している。
Full Movie